上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと行動始めます。
引越しの可能性ありなのでしばらくネットの無い世界で暮らします
早くて1ヵ月程度

忘れないでね
2009.03.05 春近し
桜カナ?桃?梅じゃないよね。
咲き始めてたので雨が降ってきてましたがパシャとしてみました。
もうすぐ春カナ。
まだこの木の下には水仙が元気に咲いてました。水仙はあまり珍しくないので雨の中カメラを向ける事はしませんでした( ̄^ ̄) ニッ
春
携帯で撮ったのですがちょっと(゚∀゚*)ィィヤン!!(*゚∀゚)ィィヤン!! ヽ(*゚∀゚*)ノ ィィ──ヤン!!!
って事でUPしてみました○┓ペコリ
12
2009.02.27 将来の夢って
子供の頃もってた夢ってなんだったけ?
私はよく変わってると思う。
保育園のときお絵かきしてた将来の夢
可愛いお嫁さんだって 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
好きな人が居てたのかな?
もしや現実主義?
大きくなったら大人になりた的な確実にかなう感じの(゚Д゚;∬アワワ・・・
まぁその夢も叶うこともなく・・・
小学校のときは
スナック幸になりたかったみたいです。
母を尊敬してたし大好きだったから。
でも
コレは今はやりたくないお仕事ですね・・・
母への尊敬が薄れたからと言うのと母の娘としか見てもらえない状態だし、姉が頑張ってるし。
地元の漁師さんたちのお酒の飲み方はあまり好きじゃない。
あんな酔っ払いカンベン・・・私も飲んだらそう思われてるだろうけど。

男の人ってイイ━━(o´□`o)━━ナァ なんだか夢を持って仕事できてる人とか。
子供いても続けられるやん。
女の人は子供できたらいったんリタイヤでしょ。その分母親である幸せは男の人に負けないだけあるけどd(。ゝε・。)Йё
子供を体内で育つのを感じ出産して母乳を飲む我子。+゚。+走召 ゚。 ヵワイィヾ(ゝω・,,●)ノシ。+゚。+☆彡

でも私も夢を叶えて充実したい。
今やりたいことを探し中です。
今に満足してないわけじゃないけど何かを頑張りたいとおもって。
Σ(●´艸`●)ぇ??誰が死にたいって?
みんなきっと誤解してる(・ω・;A)アセアセ…
私の心病んでませんよヾ(・ε・。)ぉぃぉぃ
風邪ひいてしんどかったけど
心はいたって元気です(`・ω´・σ)σyo♪
毎日だらだら過ごしてますけど・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・
インフルエンザでタミフルを処方された患者は異常行動を起こす場合があるとニュースで聞いてて考えた。
自ら命を絶つ人の最後ってどんな顔なんだろう?
何を考える?思っている?
私も一度は命を絶つことも考えた事がある。
寂しかったんだとおもう。そんなんだから最後に考えた事は
(いったいどれだけの人が悲しむだろう・涙を流すだろう。その人たちにごめんと)思う気持ちだった
どうして死んでしまうんだろう?
・苦しいから死んでしまったほうが楽になれると思うんだろう
じゃあ終わる!笑ってるんだろうか?
私は泣いてた。
でも死んでない。
死んでたら最後笑ってるかもしれない
泣いてくれた人を見て私こんなに愛されてたって。
・・・あ・・・これで終わった。もう苦しまなくてすむ。
って幸せなんだろうか?
自ら命を絶つにしても
長生きして死んでしまうとしても死ぬときは幸せなんだろうか?
でも長生きしたほうがやりたかったこともいっぱいできただろうし、
ないとくれる愛してくれた)人も増えるんです。
でも死ぬのは苦しい。その苦しみの最後にしか笑顔はない。
あの時死ななくてよかった。
あの時きつい言葉をくれた母はすごく苦しかっただろう。
屋根に上がりここから飛び降りたら死ねるかな・・・?姉は必死に止めてくれてた。
母は「死にたかったら飛び降りな、勝手にしろ」
諦めた・・・
私は死にたくないと、怖いと思った。死ぬ事が

母は必死に守ってくれてたのにそのときまで守ってきた命なのに
私は命を粗末にした。
情けないと今なら思える。
私と瓜二つと言われてる姉が私が3歳の頃に他界してる。
今居る姉は次女だ。
私は五女くらいかな。
神戸の病院で死亡が確認され車で家に運ぶとき死体が乗ってる車なので船に乗るためにすごく時間がかかった。
その最期のとき母は願った
この子の魂が私の中に入ってくれたらと・・・
そのとき母はその思いに応えて私のなかに長女の魂が入っていくようにみえたらしい。
その後私の成長も姉にそっくりに育ち他界した7歳までそれ以上に近所のおばさんたちには長女の名前で呼ばれる事が多かった。
私は私なのに、ねーちゃんも好きだよ。
でも私はどこに居るの?とも思った。
私が5番目なのは母は流産しやすい身体なんです。
長女が他界したのは生まれつき心臓に穴が開いてるという病気らしい。
その手術中になくなった。
次女は普通に生まれた。
その後は生まれて1日の命で他界した。
その後は早産で身体が出来上がってなかった。
その後に私だ。
身内から出産を反対されてたらしい。
母はその反対を押し切り私に命をくれた。
私が歩き出した頃、姉はまだハイハイをしていた。
小児性麻痺・・・
父は運送業の経営をしていたらしいが拡大しようとしてて母は反対したが
実行し失敗。
どこからの話か知らないけど7年間生活費も入れてもらえず
雀荘みたいなのを家でしてその中で麻雀で何とか生活していたらしい。
お金を払えば離婚してやるという言葉に親戚中からお金を借り集め離婚できたという。
父はひどい人なんだろう。
(でも世界中に私の父はそのひどい人ただ一人だ。)←内容的にあんまり関係ないけど

そんな中で私を守ってくれた母。
ごめんなさい。
きっと母のほうが私達と一緒に死のうって何度も思ったなかで頑張って乗り越え守ってくれた命だから。
ごめんなさい。
ありがとう。

最初に書きたかった事とずれたけど。
重たい文章やけど。

書いてる最中に泣きかけた私です┏○ペコ

他にも死にたくなった事や生きてる意味がないって思ったこともありますよ。
妊娠中に彼に逃げられたときとかね・・・
でも生きててよかった。
まだ死なないよ私は。
子供の成長・孫の成長を見届けるまで。
まだまだ楽しい人生をつかめるはず。
私を愛してくれる人がもっと居るはずだから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。